FC2ブログ

おしっこ我慢NAVI

トイレ我慢・お漏らし・野ション等の体験談・目撃談・小説等を扱っているサイト情報をまとめています

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子供のお漏らし等 

【小説】ヒミツカウントダウンがちゃがちゃSS

【体験】おもらし(おしっこ)…1子供の失敗記録 あれは2年程前、私が大学生だったときのことです。
私のアパートは花見会場(公園)の近くでした。
4月の初め、夜 公園に自転車で散歩に行ったときトイレに入ろうとした時のことです。
男子トイレの入り口で、20代前半の彼女(彼氏連れ)が困っている様子でした。
私は「もしや!」と思って様子を見てました。そしたら・・・
「入ろうと思ったけどどうしよ~う!紙ないよ~!」と彼女が言っていた。
恐らく彼女は、女子トイレが混んでいたので・・・緊急手段を取ったのでしょう。
それくらい限界だったのでしょう。
足をすり合わせて辛そうでした。
私は見ていて可哀想だったので、つい彼女に近づき 持っていたポケットティッシュを
渡してしまいました。
「有り難うございます!」と私に言い残し、ものすごい勢いで個室に駆け込んで行きました。
ドアがバタンと勢いよく閉まると、水を流さずに(恐らく流すのを忘れる程緊迫していたのでしょう)
勢いのいい水音が聞こえてきて思わず興奮してしまいました。
しばらくして水音が収まり、彼女が出てきました。私に「本当に助かりました!」と
言い残し彼氏の方へ戻っていった。
私は、彼氏の前で「彼女の恥ずかしい水音」を勝手に聞いてしまったので、怒られるかと思ったが
(しかし、現実にはその場を立ち去らずについつい聞き入ってしまった)
彼氏は、「本当に有り難うございます。おかげで助かりました!」と笑顔で言いました。
その後日、その公園でサークルの花見(夜桜)がありました。
私がトイレに立ったときのことでした。
21時頃(この時間は宴も酣ですね)、やはり女子トイレは(ビールの副作用でしょう)渋滞していました。
しかし、その列から外れた・・・男子トイレの近くで女子大生2人が前を押えて苦しんでいました。
「どうしよ~!男子入ろうと思ったら紙ないよ~!ど~しよ~!私やばいよ~!!」と言っている彼女の方は
かなり危険な状況でした。
私は思わず彼女達に近づき、わざとらしく
『どうしたんですか?』と聞いた。
「あああの、紙持ってませんか?入ろうと思ったら紙ないんです!!」
これは見ていられない!!今にもダムが決壊しそうだ!!
どうしたことだろう・・・私は、
『ちょっとまってください!確かトイレットペーパー向こうにあります。
今取ってきます!!』 「おっお願いします!!」と言う会話を交しダッシュで
私の持ち場にあるトイレットペーパーを取りに行ってしまった。
『はい!』「有り難うございます!」彼女達は急いで男子トイレにかけていった。
しかし・・・彼女を待ち受ける関門はまだあったのである。
私は、彼女が終わったらトイレットペーパーを返すと言うので男子トイレで待っていた。
何という事だろう!一つしかない個室には先客がいるではないか!!
彼女達は一瞬絶望の目になったが、何とか精神力を振り絞り耐えていた。
「早く出ないかなあ。私・・・あっあっやばいよ!」
『大丈夫ですか?』また心配して(と言うよりわざとらしくですね)
尋ねた。「何とか・・・」(ちっとも「何とか」じゃ無さそうなんだけど)
何ということだろう。私は何時の間にか見ず知らずの女の子の我慢をまるで彼氏のように(ちょっと言い過ぎ?)励ましているのであった。
しばらくして、個室から一人の酔っ払いが出てきました。
『良かったね!』危険な方の彼女が個室に飛び込んだ!
しかし・・・「きたないよ~!」とすぐ出てきてしまいました。
『どうしたんですか?』「前の人が吐いたんで・・・」
「もう女子に並んでもだめだよ~!」
何とも切ない。個室は私でも入りたくないほど床が汚物で汚れていた。
相変わらず前をしっかり押えてうずくまって耐えている。
何とも痛まれない情景だ!私は何故か分からないが・・・
『ちょっと待ってて下さい!』トイレットペーパーで床にあった汚物を拭き取って便器に流した。
『これなら使えますか?』「何とか・・・う」それだけを言い残し、個室のドアは勢いよく閉まった。
男子トイレには凄まじい放水音が長い時間響き渡った。
限界まで我慢していたのだろう・・・思わず興奮してしまった!!
しかしあんまり聞き入っていてはもう一人待っている彼女に怪しまれてしまう。
だが・・・恐らく「聞き耳立てちゃダメ!」と言うほどの気力は残っていなかっただろう。
そんなことをすれば・・・集中力が切れてダムの決壊は免れないであろう。
しばらくして水音が止むと1人目の彼女がホッとした様子で出てきた。
「ほんとに有り難うございます!おかげで助かりました!」
「さあ○子(名前は覚えてない)!急いで!」
2人目も勢いよく入って、やはり?激しい放水音が聞こえてきた。
その間『やっぱりお酒は(副作用が)来るんですか・・・』
「来ますねえ・・・」とか変な会話を交していた。
「お待たせ―!」2人目もどうやら無事に出てきた。
「危ないところ本当に助かりました!ほら!あんたもしっかりお礼言って!」
私は彼女達から紙を返してもらい持ち場に戻った。
「たろ~(あだ名)おなか大丈夫?心配したよ~」女の先輩に言われた。
どうやらいきなり紙を持っていったので、発作(おなかの)が起きたと
誤解しているようであった。
私は誤解されたくなかったので、ことのいきさつを話した。
「たろ~偉いじゃん!」誉めらたのでまあ嬉しかった。
でも良く考えると・・・もし私が意地悪をして紙を持ってこなかったりしたら
粗相をしてしまったのだろうか。
いや、トイレ裏で花を摘んだのかな?
そのときは分からなかったが、もしかしたら少しくらい下着を汚していたのだろうか?
・・・しまった!書き出したら結構長くなってしまった!
その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ 2009/01/02 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
なんて所に来てしまったんだ
[ 2009/01/06 18:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
今月のオススメ
ピーピング下痢女!! お腹イタイJK

民家隠撮 ハウスキーパー大便1

ジョギンガー隠撮 隠れる間もないオープン野ション

盗撮!!野グソ野ション10

接写スポット 真冬の野グソ野ション

洋式便所隠撮 潔癖Girl立ちション

投稿・盗撮 浣腸変態女大全 第1章
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3755位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
400位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。