FC2ブログ

おしっこ我慢NAVI

トイレ我慢・お漏らし・野ション等の体験談・目撃談・小説等を扱っているサイト情報をまとめています

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

☆あなたの見たおもらしシーン☆ ⑩ 

1 名前:名無しさん@ピンキー :2001/04/28(土) 03:34 ID:???
幼稚園の時、小学校の時、中学校の時、高校の時、その後・・・
あなたの目撃した生活の中のおもらしシーンを語ってください。

☆あなたの見たおもらしシーン☆ ①
☆あなたの見たおもらしシーン☆ ②
☆あなたの見たおもらしシーン☆ ③
☆あなたの見たおもらしシーン☆ ④
☆あなたの見たおもらしシーン☆ ⑤
☆あなたの見たおもらしシーン☆ ⑥
☆あなたの見たおもらしシーン☆ ⑦
☆あなたの見たおもらしシーン☆ ⑧
☆あなたの見たおもらしシーン☆ ⑨
297 名前:名無しさん@ピンキー :2001/07/11(水) 02:49 ID:37GFPYxI
1年前、S子が新入社員のM美とT子を誘った。金曜日の夜は絶好のチャンスだ。
会社の帰りに、喫茶店でコーヒーを飲みながら、S子とM美が待っている。
俺は着くとすぐに「駐禁で車を止めておけないから、すぐ来て」と言って、
トイレに行く間を与えずに車に乗せる。車の中にはビールとつまみを用意して、
S子と3人で酒盛りをさせる。実はS子はほとんど飲んでいない。
飲んだふりをしている。
      
たいてい、横浜や千葉、奥多摩あたりの海か山が目的地となる。
M美とT子は、酒があまり強くないのでビールの代わりになる飲み物も
用意する。俺は渋滞する首都高を選んで乗り、黙って目的遂行する。
その時は偶然だが、M美がやたら早く尿意を催した。
しきりに、脚を組替えて上半身を前のめりにしたりしている。
   
暫くしてS子に小声で「トイレ行きたくて・・・」とささやく。
S子は私に、「トイレあったら停めて」と伝える。
M美は、助手席の背もたれに手をかけ、前方を気にする。
車は流れているが、高速の出口付近は渋滞している。
M美「あの、あとどのくらい・・・?」
S子「そうね、この渋滞だと30分くらいはかかる?」俺「そうだな。」
M美「そんなに・・・」
S子「我慢できる?」
M美「ええ・・・」
    
しかし、ビールを飲むと、平常より小水は近くなる。
M美の眉間にしわが寄る。もう恥もなく、片手を股間に挟んでいる。
T子「M美ちゃん大丈夫かな、相当きつそうだけど」
S子「仕方ないね。これにする?」といって携帯トイレを出してくる。
俺「それがいいかもね。この調子じゃまだ暫くかかりそうだから」
M美「え、それ・・・」と絶句して、決断がつかない様子。
S子「ま、持ってて、いざっていう時はこれ使って。」と言って使用法を教える。
         
M美が「あっ、」と声を出す。T子が「どうしたの」と聞くと首を横に振る。
明らかに、少し漏れたらしい。顔は真っ青で、額に油汗が浮かんでいる。
T子が「M美ちゃん、使いなよ。すっきりするよ」と携帯トイレを勧める。
T子が広げて、カップ状にしてやり、M美に手渡した。
M美は青い顔を真っ赤にして、言葉もなくそれを受けとって
車のシートから尻を浮かせ助手席と後部座席の間で下着を降ろした。                 
車の中に沈黙の時が流れる。
S子が、「うちの車、ラジオ故障で、ごめんねM美ちゃん」と言う。
       
その言葉が終るか終らないかのうちに、
シャーという音とジョボジョボという音が入り混じって聞こえてきた。


☆あなたの見たおもらしシーン☆ ⑪
その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ 2009/04/16 00:00 ] 2chまとめ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
今月のオススメ
ピーピング下痢女!! お腹イタイJK

民家隠撮 ハウスキーパー大便1

ジョギンガー隠撮 隠れる間もないオープン野ション

盗撮!!野グソ野ション10

接写スポット 真冬の野グソ野ション

洋式便所隠撮 潔癖Girl立ちション

投稿・盗撮 浣腸変態女大全 第1章
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
388位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。