FC2ブログ

おしっこ我慢NAVI

トイレ我慢・お漏らし・野ション等の体験談・目撃談・小説等を扱っているサイト情報をまとめています

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

学校でトイレ禁止のいじめ ① 

1 名前: 名無しさん@ピンキー 投稿日: 2001/08/03(金) 02:35 ID:eFNY5Yvg

前スレ
http://www2.bbspink.com/sm/kako/994/994084070.html

学校でいじめっ子にトイレの入口を塞がれて、オシッコ済ませることが
できずに困っているいじめられっ子。
もじもじ我慢している、そんなシチュエーションに萌える人っておるかなー?



11 名前: 000 投稿日: 2001/08/05(日) 02:37 ID:N.nWt5tA

「え…と…爽健美茶と、ウーロン…コーラ…」
ゴトンゴトンと500mlのいペットボトルが取り出し口に
落ちてくる。
それを次々と明日香に手渡し、記憶をたぐって次のボタンを押す。
これで全部のはずだ。頼まれた6本のドリンクを、明日香と半分ずつ抱えながら
奈央は階段を走った。
もう何ヶ月続いているだろうか。
クラスメイトの使い走りにあくせくする毎日。
特に内気な性格なわけでもない。ただちょっと友達のグループに入る
きっかけをつかめなかっただけ。それだけで今後の学生生活が
決まってしまうとは。
だが6人もの生徒、そしてリーダー格の菜月に逆らうほどの勇気も持てず、
奈央はこの屈辱的な生活に甘んじているのだった。
とくにひどいことをされるわけでもない。ただちょっと言うことを聞いて
いればいいだけ。
クラス変えになれば彼女達とも離れられるだろう。あと8ヶ月。
長いようだが、辛抱していれば…。
ちらりと隣の明日香に目をやる。
自分に言えた立場ではないが、明日香はしようがないのかもしれない。
絵に描いたようないじめられっ子。メガネに三つ編み。長いスカート。
最近の女子高生とは思えないようなすっぴんの顔。
もう一人、菜月たちの奴隷のようにされている亜美も、似たようなものだった。
そういう彼女たちと同じ扱いなのも、奈央にとっては気に入らないことだった。
しかし今や彼女たちは数少ない同じ境遇の友。
表面上の付き合いをしながら、3人で菜月たちの視線に怯えているのだった。
教室につく。
「遅いよー」
行儀悪く机に腰かけていた菜月から大きな声が飛んだ。
背が高く背中の半ばまで届くような長い髪。短いスカートからのびた
美しい脚。妙に色気のあるしぐさ。
モデルとまではいかないが、高校の中でアイドルになるくらいには充分の
美人だった。性格はわがままな売れっ子アイドル以上のものであったが。
「ごめんなさい・・・」
菜月と目をあわせようともせず、二人は机の上に買ってきたドリンクのボトルを
置いた。
その時菜月とその友人達が交わした、怪しい笑みも二人の目には入らなかった


12 名前: 000 投稿日: 2001/08/05(日) 03:00 ID:N.nWt5tA

「え・・・?」
菜月の言葉の意味が理解できず、奈央は顔を上げた。
「だからー、飲んでいいって言ってんの。いつも買ってきて
 もらってばっかりじゃ悪いじゃん」
冗談めかした様子もない菜月の表情に、奈央は戸惑った。
「でも…」
隣にいた明日香も口を開く。戸惑いは彼女も同じのようだ。
菜月の顔と6本のペットボトルを交互に眺めている。
「せっかく飲んでいいって言うのにいらないのー?」
菜月の横の椅子に座っていた奈々海が意地悪な表情を浮かべる。
菜月とは対照的に、ショートカットで小柄な体。菜月の腰ぎんちゃくのような女だ。
「ま、6本じゃ多いだろうし…亜美ー。あんたにもあげるよ」
自分の席に座っていた亜美がぎくりと肩を震わせてこちらを振り返る。
顔からしぐさまで見るからに陰気そうな印象だ。救いといえば、雰囲気を除けば
なかなかのかわいい子ということくらいだろうか。
彼女もおずおずと菜月たちの前にやってきた。
「ほら。さっさと飲みなよ」
菜月が3人の前にどんとペットボトルを置く。
「早く!」
菜月がおどすように明日香をにらみつけた。
「は、はい…」
その剣幕に、明日香は急いで一本のお茶のボトルを開け、口をつけた。
次に視線が飛んでくる前に、奈央と亜美もそれぞれペットボトルを手にした。
少しずつ口をつけ、なんとかこの場から離れる機会をうかがっていた奈央に、
菜月が信じられないような言葉をかけた。
「せっかく買ってきたんだから、全部飲んでよ」
「全部って…2本とも・・・?そんなに飲めるはず・・」
奈央が精一杯抗議の姿勢を見せる。他の2人はすっかり萎縮してしまっているようだ。
「あー?飲めないの?わざわざ好意で言ってるのにさぁ」
繭子が威嚇的な口調で口を開いた。バスケ部の彼女は、体格がよく
それだけでも迫力がある。
使い走りだけでは厭き足らず、3人をいじめにかかろうというのだろう。
そんな予感はしたが、それに逆らうことはできなかった。
仕方なく、飲めるだけ飲もうとボトルを傾ける。
今まで走ってきたこともあり、喉が乾いているのは事実だった。
なんとか一本目を飲み干す。
だがさすがに2本目に口をつける気にはならない。亜美と明日香は
一本目をすでにもてあましているようだった。
しかし菜月はどこまでも容赦なかった。
「絶対全部飲んでもらうからね…」
その陰険な目は、まるで餌を狙う蛇のように3人を眺めまわしていた。


13 名前: 000 投稿日: 2001/08/05(日) 03:17 ID:N.nWt5tA

(うぅ…お腹苦しいよぉ…)
1時間目が始まり、奈央はぱんぱんになったお腹を手で押さえて
授業など耳に入る状態ではなかった。
奈央が何度抗議しようとも、明日香が涙ぐみながら蚊の泣くような声で
もう無理だと訴えようとも菜月たちは退かなかった。
その強引さに、奈央たち3人は結局全てのペットボトルを飲み干すことに
なったのだった。
15分あまりもかけて、合計1リットル。苦しくなるのは当然のことだった。
容量を越えた水分をためこんで、奈央のお腹は悲鳴を上げている。
(もう…早く消化してよ…あ、飲み物だから消化じゃないか…)
おしっこになって体外に排出されるのを待つしかない。
こうしてる間にも奈央の体内の水分は少しずつ下に降りていっているのだろう。
実際、奈央はわずかずつだが尿意が起こってくるのを感じていた。
そして、それは驚くほど急速に奈央の下半身で高まりつつあった。
(当たり前だよね…あんなに飲んだんだから…)
そこで奈央の頭に不安がよぎった。菜月たちは次の休み時間も奈央たちに
からんできたりしないだろうか。
次の休み時間にトイレに行かないわけにはいかない。
あれだけの水分がそのあとまた1時間も体の中で大人しくしていて
くれるはずはないだろう。
(とにかく、次は何言われてもトイレに行かなきゃ…)
見ると、亜美も明日香も心なしか落ち付かない様子で体をもじもじさせていた。
時計はあと5分で授業が終わることを示している。
ほどなくベルが鳴り、奈央は不吉な予感が的中していることを知るのだった。


14 名前: 000 投稿日: 2001/08/05(日) 03:51 ID:N.nWt5tA

「ちょっと来てよ」
奈央の後ろの席の、千春が声をかけた。彼女も菜月のグループの1人だ。
嫌な予感がしながらも、奈央は従った。
亜美も明日香も同じように連れてこられる。
亜美はすでに限界に来ているのだろうか。菜月たちの前に立ちながら、
もじもじと体をくねらせている。
「なによ…」
奈央は少し強気に菜月の顔を正面から見据えた。
今は菜月にしたがっているわけにはいかない。
どうにかしてこの時間の内にトイレに行かなければ。
「別にー?友達が友達呼んじゃ悪い?」
菜月がずけずけと言う。誰が友達だ。こうして難癖つけて自分たちを
トイレに行かせないつもりだろう。
そこまで従う必要はない。それにどんな命令にでも従ってしまうほど
気が弱いわけでもない。奈央はきっぱりと口を開いた。
「なにも用ないんだったら、トイレ行ってくる」
くるりときびすを返した奈央の腕が、がっちりと掴まれた。
「何それー?なんか感じ悪くない?」
振り向くと、繭子がきつい表情で奈央をにらみつけていた。
「ちょ、ちょっと…放してよ」
その迫力に、やや怯えながらも奈央は腕を振り払った。
とたんに皆の顔が険悪になる。亜美と明日香はその様子をおろおろと
眺めていた。
何も言えず、後ずさることもできず奈央は上目使いに繭子を見つめていた。
たまらず、亜美が口を開く。
「私も…トイレ…」
亜美はもう前かがみで脚を交互に動かしていた。
「ふーん…みんな態度悪いねー」
菜月は吐き捨てるように言うと、突然立ちあがって奈央の制服の
胸の部分をつかんだ。
「ちょっ…何す…」
そのまま力任せに引っ張られ、奈央は菜月の席に叩きつけられるように
しりもちをついた。そして開いた脚の間の部分のスカートを踏みつけられる。
思わず脚を閉じようとして、奈央は菜月の足を太ももではさむような格好になった。
上から見下ろされ、奈央は蛇ににらまれた蛙のように動けなくなった。
表情が凍る。震えは尿意のせいだけではない。
怖い…。
逆らうことなどできなかった。いつか、もっとひどいことをされたらいつでも
拒否できる。そしてこんな立場からも逃れられる。
そんな思いは、今までこんな仕打ちを受けたことがなかったための思いあがりだった。
彼女たちはこんなにおそろしかったのだ。逆らえるはずがない。
奈央はうつむいて何も言えず、
ただ脚の間に置かれた菜月の靴を見つめて涙をこらえていた。
「あの…私、もう…」
そんな亜美の訴えも奈々海のひと睨みで抑えられてしまう。
明日香に至っては、言葉を発することもできずうつむいたままだ。
菜月の足がようやく退いた。
「そうやって大人しくしてればなんにもしないからさ…」
そしてベルがなった。


15 名前: 000 投稿日: 2001/08/05(日) 04:17 ID:N.nWt5tA

先ほどの恐怖の陰に隠されていた尿意は、授業の始まりと
同時に急激に再発した。
お腹に収容しきれなくなった水分が内側から奈央を責めたてる。
ぴったりと足を閉じて下半身に力をこめる。だがこんなささやかな抵抗が
この時間の終わりまで続きそうにはなかった。
その時、後ろから腰をつつかれ、奈央は思わず体をよじった。
そっと下を見ると、奈央の腰の横に紙切れを持った千春の手があった。
(・・・?)
くいくいとその手がその紙切れを主張するように動く。
手紙・・・?奈央はそれを受け取り、開いて中を見た。
(・・・!!)
「トイレ行ったら殺す」
書きなぐったような文字だった。シンプルな文面がいっそう恐怖を刺激する。
これで、授業中にトイレに行くわけにもいかなくなった。
今は苦しみから逃れられても、あとから何をされるかわからない。
(どうしよう…このままじゃ…)
奈央はその紙切れをくしゃくしゃに握り締め、閉じた脚にいっそう力をこめた。
握りしめた手が汗ばむ。このままでは耐えきれずにおもらししてしまうのも
時間の問題だ。もじもじと腰をくねらせながらあれこれと考えを巡らせる。
その時、ガタリと椅子が動く音がした。
亜美が立ち上がっていた。うつむきながら小走りで教壇に向かう。
そして小声で先生に何か告げると、そのまま急ぎ足で教室から出ていった。
奈央は自分のことのようにドキドキと胸を鳴らして菜月のほうに目を向けた。
菜月は、近くの席の奈々海と何やら笑みを交わしている。
命令を破ったおしおきでも相談しているのだろうか。
もし自分もトイレにいったら、何をされるのだろうか。
今、我慢できたとしてその後もトイレに行けないのだろうか。
怖い。怖い。怖い…。
尿意は激しく迫り来る。恐怖がそれに拍車をかける。二重の震えが
体全体に走る。汗ばんだ体に制服がまとわりつく。その湿った布の中、
奈央の体はくねくねと不規則な動きを繰り返していた。
しばらくして亜美が戻る。おびえた表情で、誰の顔も見ないように席に座った。
安心感とそれ以上の恐怖に引きつった表情…。
奈央の尿意はこれ以上ないほどに高まっていたが、亜美を見つめる
菜月たちの不敵な表情を見ていると、奈央はどうしても動くことができなかった。


18 名前: 000 投稿日: 2001/08/05(日) 21:23 ID:GKNXHi42

亜美は肩を小さくすぼめてうつむいていた。
そんな亜美を横目に、菜月と奈々海はひそひそと何やら
話し合っている。
明日香に目をやると、彼女も落ち付かなさそうな様子で体を
揺すっていた。はたから見れば、自分も同じような様子なのだろう。
だが奈央はその動きを止めることはできなかった。
奈央の守りをこじ開けようとする内側からの力は、少しずつ、
しかし確実に高まりを見せていた。
時計を見る。あと20分弱。
無理だ。これ以上我慢できない。
奈央は、先ほどの考えをもう一度呼び起こした。
先生に言ってトイレに行かせてもらおうか。亜美を見る菜月たちの態度からして
何をされるかはわからない。しかし、このまま授業中におもらししてしまうことより
悪い結果などあるだろうか。
そうだ。この後何をされようとも、そんな恥ずかしい結果を招くよりは
ましに決まっている。やっぱり、今行くしかない。
そう考えはしたが、それを実行に移すにはなかなか勇気のいることだった。
もう尿意は限界を迎え始めているのだが、あと一息の所で立ちあがることが
できない。もじもじと体の動きが大きくなる。
その時、急に不自然に落ち付かない様子を見せ始めた奈央に気付いたのか、
後ろからどんと椅子が蹴られるのを感じた。千春だ。
その振動にさえ、奈央の膀胱は悲鳴を上げる。
後ろから、無言ではあるが痛いほどの視線を感じた。
「わかってんだろうね…」
そんな脅しが込められた視線。
(だめだ。私にはできない…)
結局、立ちあがるきっかけを逸し、2度とそのきっかけをつかめないまま
授業は続いた。今にも屈服してしまいそうなほどの尿意と闘いながら、
奈央は机の上でこぶしを握り締めていた。じっとりと汗ばんでいるのは
手のひらだけではない。顔が火照るのに、背中から腰が冷えきったように
震えを誘う。ときおり強まる尿意の波に、奈央は全力で抗った。
全身が過敏になっている奈央の腰を、ふたたび千春の指がつついた。
びくりと肩を震わせる。
「つらそうだねぇ…次の休み時間には、楽になれるかもよ?」
小声で千春がささやく。
本当だろうか。彼女たちのことだ。一筋縄でいくはずがない。
だが今の奈央は、その言葉に一縷の望みを託すしか方法はなかった。
残りの数分、精一杯の力で尿意をこらえる。
そして、あわや下着を濡らしてしまうかというところで、
永遠とも思えるような長い長い授業の終わりを告げるベルが響いた。


19 名前: 000 投稿日: 2001/08/05(日) 21:23 ID:GKNXHi42

「やめて…やめてください・・」
先ほどトイレに立った亜美が、奈々海と陸上部の雪乃に連れていかれる。
どこへ行こうというのだろう。だが、そんなことは今の奈央にとっては
他人事でしかなかった。小さく震える尿道は、いつこらえを失ってしまって
もおかしくない。
それでも、奈央と明日香は菜月たちの前で品定めされるように
立たされているのだった。
奈央は声をあげることができなかった。今すぐにでもトイレに行かなければ
ならないというのに。それは明日香も同様のようだった。むしろ、彼女の方が
危ないのかもしれない。下腹に両手を当て、膝をきつく閉じてどんどんと片方の
かかとで床を踏みつけている。上半身が不自然によじれ、見ているだけでも
苦しくなってしまいそうだ。奈央は思わず目をそらした。
すると、繭子が掃除用のバケツを持ってくるのが目に入った。
「持って来たよー」
どんと青いプラスチックのバケツが奈央と明日香の前に置かれる。
楽になれる…という千春の言葉。目の前に置かれたバケツ。
信じたくはなかった。しかし、どうしても目の前に置かれた状況は
ひとつの結論にしか辿り着かなかった。そして菜月が口を開く。
「ほら。つらそうだからさぁ、ここにしてもいいよ。」
「そんな…」
菜月が言い終らないうちに明日香が絶望的な声をあげる。
トイレに走ろうというのか、前かがみのまま1歩あとずさった
明日香の腕を繭子ががっちりとつかんだ。
「していいって言ってんだからさ、ほら!」
繭子は明日香の脚に自分の脚を絡ませ、力ずくでバケツの上に
明日香を座りこませた。
そんな光景を目の前にしながら、奈央はその出来事も、今自分を責めたてる
尿意も、何もかもが現実とは違うところで起こっているかのように
信じられずにいた。
「や…いやぁっ…!」
バケツの上に座らせられた状態で、上からしっかりと肩を押さえ込まれた明日香。
脚でバタバタと床を蹴りつけ必死で抵抗する明日香のスカートを、菜月が
めくりあげた。いまどきの女子高生らしくない長いスカートは、めくり上げると
明日香の肩のあたりまでとどく。それを肩の所で押さえたままにすると、
明日香のかわいらしい白いショーツがあらわになる。
お尻が半分バケツにはまったような格好の明日香が、とうとう力ない声をあげた。
「あ…あぁ…」


20 名前: 000 投稿日: 2001/08/05(日) 21:24 ID:GKNXHi42

バタバタした脚がふと静かになると、明日香は体をこわばらせそれっきり
凍ったように動かなくなった。口を半開きにさせたまま、表情も凍り付く。
白いショーツの真ん中にじわりと染みが広がると、それはすぐに薄い布を越えて
バケツに滴り始めた。ためらうような滴りは、まもなく強い流れとなって
バケツの底を鳴らした。
「嫌…いやぁ…」
明日香が両手で顔を覆ったまま放尿を続ける中、菜月が大声をあげた。
「おいおい。バケツにおしっこしてるよー。なにこいつー!」
関わらぬようにと目を背けていた級友達も、思わずそこに目を向ける。
クラス中の視線を浴びたまま、明日香の放尿は続いた。
やがておしっこの音がぴちゃんぴちゃんという滴の音に変わると、
菜月と繭子は満足したかのように明日香から手を離した。
明日香はバケツに腰かけた無様な格好のまま、膝の上で腕に顔をうずめ、
そのまま顔を上げなかった。
自然と、菜月たちの目が奈央に向く。奈央ははっと我に帰った。
視線ではなく、自分の体の異変に。
一瞬堰が切れた尿道から、こぼれ出した滴がショーツに吸い取られていく。
反射的にきびすを返した奈央の右手首に、予想通りというように菜月の手。
片手を後ろ手に取られたまま、奈央は左手でスカートの上から股間を押さえた。
そこまでだった。
固く押さえた手の下で、屈辱的なぬくもりが広がる。それは下着とスカートを
熱く濡らし、内股へと伝った。
とどまらない流れ。太ももから膝、ふくらはぎへ。
ソックスと靴を濡らして床に水溜りを広げる。
「あ…あ…」
その流れが止まらないうちに、奈央はあまりの屈辱と羞恥、絶望感にうちのめされ、
その場にしゃがみこんだ。菜月の手は離れない。片手を赤ん坊のように握られたまま、
床を濡らしつづける。
そんな中、以外に落ち付いた様子の頭の中に亜美のことがよぎった。
(そういえば、亜美はどこにいったんだろ…どっちがよかったのかな…
 私たちと、亜美と…)
どうでもよかった。自分はこっちを選んだのだ。クラスの冷やかな視線の中、
始めから正しい答えなどなかった選択を、何度も何度も頭の中で繰り返し、
奈央は何もかもが間違っているというように首を振りつづけた。
教室に2つの見世物が置かれたように、クラスは異様な雰囲気のままで
それらを見比べていた。


学校でトイレ禁止のいじめ ②

その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ 2009/01/20 00:00 ] 2chまとめ | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/10/17 23:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
今月のオススメ
ピーピング下痢女!! お腹イタイJK

民家隠撮 ハウスキーパー大便1

ジョギンガー隠撮 隠れる間もないオープン野ション

盗撮!!野グソ野ション10

接写スポット 真冬の野グソ野ション

洋式便所隠撮 潔癖Girl立ちション

投稿・盗撮 浣腸変態女大全 第1章
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
347位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。