FC2ブログ

おしっこ我慢NAVI

トイレ我慢・お漏らし・野ション等の体験談・目撃談・小説等を扱っているサイト情報をまとめています

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夢のような出来事  

mixiでおしがま系の日記を書いているおしがま好きさんの日記から転載をさせていただいています。
興味があるかたは、おしがま好きさんのページにいきコンタクトをとっていただければと思います。

大学時代の頃やけど後輩でかなりタイプの子がいてその時は彼女いたんやけどどうしても遊びたかったしダメ元で誘った。

意外にも即OKで家が遠かったので泊まるって言って出てくれば?と言ったら厳しい家にもかかわらず何とか都合つけて来てくれた(^-^)/

その子はまだ19歳で背は低く、でも元気いっぱいで明るく体育会系のマネージャーをしてて渡瀬まき似の子でした。

ホンマに好みの子だったので夢のようで当日までドタキャンされないか気になってたくらいでした。
初めてのデートやのにしかも泊まりなんて最高にうれしかったのを覚えてるなo(^-^)o

夕方に待ち合わせをして彼女はリクエスト通りスカートをはいてきてくれて飲みに行きました。

お酒もよく飲むし期待通りのかわいさと明るさでした。
その頃は学生だったのでラブホも行くのもタクシーで帰るのもお金がなくて無理だったので自分の家に戻らないとダメだったので終電に乗るつもりでした。

2件目の店でカウンターに座って彼女が奥だったのでトイレは行きにくい状況だったので出来る限り行かないようにしてるのはわかりました。

初めに行く時にずっと我慢してたん?と聞いたらうんって言ってました。

その日のデートではあんまり我慢さすとか意識なかったのにその頃からまた自分の悪いところが出てきて我慢させてみようかなって思い始めてきました。

終電間際になり走って駅まで行かなければ間に合わないようになり急いで店を出ました。

何とか電車に間に合い家に向かいました。今から思うと帰りの電車でもトイレ行きたかったんだと思います。急いでたから言う間もない状況で終電なので途中で降りる事も出来ず駅に着きました。

そこで降りた時にトイレって言ったんですがその駅が一番前に改札がありトイレは一番後ろでしかも終電だったので車掌さんが切符を集めてたので後ろに行く事は出来ない状況でした。

ますます僕の望む状況になり期待も高まってきました♪

家まで10分くらいで途中にコンビニもなく着きました。

僕の部屋は玄関入ってすぐでトイレはリビングにあるので誰かがいると非常に行きにくいのです。

とりあえず部屋に入り相手も遅くから来るのやからかなり家には気を使ってました。

部屋に入り飲んでる時に話題になってた腰のマッサージをしてあげる事になりました。その子はすぐにでもトイレに行きたい気持ちはわかってましたが全然気が付かないフリをしてました。

マッサージをするのにうつ伏せに寝てもらいまたがってマッサージをしました。
1分もしないうちにトイレ行きたいと言い出しました。膀胱も張ってうつ伏せだと圧迫されて辛かったんだと思います。
でもまだリビングには両親が起きてるからもう少し我慢出来ない?って聞くとわかったと返しました。
そしてまたマッサージしてあげるわと言うと、トイレに行ってからにして欲しいと言いました。

でも上には乗らないから大丈夫やでって言い相手も押しに弱くまたうつ伏せになり今度はお尻辺りをマッサージしてちょっと意識して強めに押したら起きてホンマ無理!と言い出しました。

でもまだリビングは誰かいるしもうすぐしたら寝るから少しだけ頑張ってと言いましたがもう限界近くなのか立ったまま脚をクロスさせ中腰で今にも出そうな感じで涙目になり無理!無理!!と訴えました。

そのシーンは今でも焼き付いてます。

もう大人やから漏らす事はないやろ?辛いやろうけど頑張ってと言い、相手にもプレッシャーをかけました。

かなり飲んでたからどんどん膀胱には溜まっていってたとおもいます。

外に行くか?と聞きましたが近くにないなら歩けないからもう少しなら待つと言いました。

おそらく後5分は持たないとは思ってましたが、そこで僕がどれだけ張ってるの?と言い膀胱を軽く押さえました。

いやーって言ったと同時にポタポタとスカートから落ちてきました。

相手は泣き出して僕も冷静になりこれ以上はもうあかんなって思い、リビングはもうすでに誰もいない事はわかってたので行かせてあげる事にしました。

もう歩けないって言ったので最後に意地悪で抱っこみたいにしてトイレまで連れて行ってあげると言い膀胱付近に手をまわして相手に有無を言わせずすぐに担ぐと僕のズボンとじゅうたんにさっきよりも少し多い量がボタボタっと落ちてきた。

離して!っていい股関押さえたままトイレに駆け込んで何とか全漏らしは免れました。トイレに行ってる間その子のおしっこを舐めてみたら何も味はしなかったです。

後で冷静を取り戻した彼女はごめんなさいと誤ってました。そこがすごくかわいかった♪

店出る時には行きたかったとの事でした。

その後Hをしたのですが紺色のパンツが濡れていたのは忘れられません。

タイプだった彼女ですが胸もちょうど好きな大きさで形が抜群で乳首もあそこもピンクで毛も薄く全身はスベスベで穴も小さく本当に今までの中で一番好きな体型の素晴らしい彼女でした。

同じ学校に彼女がいた僕はその子とはそれ以降発展しませんでしたがその友達の話では僕が初めてだったみたいでその話を聞いて、悪い事したなぁって少しは反省しましたが今でもおかずにさせてもらうくらいのいい女性でした。

部屋を使った我慢は結婚するまでは毎度使う作戦でした。

まだまだたくさんあるのでまたアップします(^O^)/


転載元 その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ 2009/04/26 12:00 ] おしがま好き日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
今月のオススメ
ピーピング下痢女!! お腹イタイJK

民家隠撮 ハウスキーパー大便1

ジョギンガー隠撮 隠れる間もないオープン野ション

盗撮!!野グソ野ション10

接写スポット 真冬の野グソ野ション

洋式便所隠撮 潔癖Girl立ちション

投稿・盗撮 浣腸変態女大全 第1章
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
388位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。