FC2ブログ

おしっこ我慢NAVI

トイレ我慢・お漏らし・野ション等の体験談・目撃談・小説等を扱っているサイト情報をまとめています

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おしっこを我慢させたい芸能人 ⑩ 

1 名前: 名無しさん@ピンキー 投稿日: 01/10/14 18:20 ID:U6TSijZH

トイレのない山の中でのロケで必死に我慢しながら演技
または
時間がなくトイレにいけないまま移動の車が渋滞にはまり
我慢、など、我慢させたいシチュエーションと芸能人を
教えてください。

ちなみに俺は黒木瞳を山のロケで我慢さて、震えながら
演技を続けるのを見たい。もちろんカメラが回ってる前で
限界おもらし。


おしっこを我慢させたい芸能人 ①
おしっこを我慢させたい芸能人 ②
おしっこを我慢させたい芸能人 ③
おしっこを我慢させたい芸能人 ④
おしっこを我慢させたい芸能人 ⑤
おしっこを我慢させたい芸能人 ⑥
おしっこを我慢させたい芸能人 ⑦
おしっこを我慢させたい芸能人 ⑧
おしっこを我慢させたい芸能人 ⑨ 236 名前: 名無し調教中。 投稿日: 02/03/22 22:42

「もうだめっ、降ろして!」
広末涼子はマネージャーに叫んだ。

 今日はドラマの撮影だった。しかし、スケジュールの都合で涼子だけマネージャーの運転する車で後から追う形になった。
薄手のピンクのセーターにジーンズ、春先にしては薄着の普段着で撮影現場に向かった。
「ふう」と一息つきながら、マネージャーの用意してあった缶コーヒーを飲んだ。それが全ての始まりだった。

 現場まで一時間ほどの午後一時ごろには着く予定だった。しかし渋滞ですでに時計は一事を指している。
マネージャがせわしなく現場と連絡を取りながら車を進める。涼子はイライラしだしていた。
それは渋滞のせいもあるがもう一つ。膀胱にひたひたと溜まるおしっこだった。
「あとどれくらいで着くの?」
涼子はいらついて強い口調で聞く。話によるとこの先で事故があり、もうしばらくは渋滞から抜け出せないとの事だった。
(渋滞から抜けたとしてもサービスエリアまでは時間かかるよね、やばいなあ・・)


237 名前: 名無し調教中。 投稿日: 02/03/22 22:43

しばらく沈黙の時間が過ぎる。正確には涼子がそわそわとする音が響く。
最後にトイレに行ってからすでに五時間。しかも缶コーヒーが利いている。
トイレの我慢が利かない方である涼子にとってはもう限界を超える量の尿が膀胱に溜め込まれている。
涼子は色々と考えた。しかしアイドルである自分が高速道路で用を足すわけにも行かない。
また車の中でする訳にもいかない。隣の車から見られてしまうかもしれない。
ひょっとすると隣にいるのは週刊誌のカメラマンである危険性だってあるのだ・・・・。
(どうしたらいいのよ、このままじゃ絶対我慢できない!)

涼子は前かがみになる。ジーンズのホックをはずし足をきつく組み、左手で足をさすりながら右手をふとももに挟んでいる。
一目で見て限界であるのがわかる格好だ。しかしそんな余裕は涼子には無かった。
眉間にしわを寄せ、顔をしかめて必死にこらえる。
(トイレトイレトイレトイレ、おしっこおしっこおしっこおしっこ)
涼子の頭の中にはもうそれしかなかった。マネージャーはそれに気づいていたが、どうしようもなく黙っていた。
右手は時にホックをはずしたジーンズの中に挟み込まれ黒の下着の上からぎゅっと押さえる。
振動が膀胱に響く。もう限界であることは明らかだった。

車がブレーキを踏んで軽く衝撃が加わったとき、涼子は少量の尿をこぼしてしまった。
じんじんとしびれる尿道が一瞬開き熱い尿が、涼子の体からこぼれ落ち下着にほとばしる。
「!!」
涼子は涙がこぼれそうになった。
(しまった!出ちゃった!)
涼子は右手を下着に当て、被害を確かめた。
思っている以上に量は深刻でお尻のほうまでぬくもりが広がっている。
(ジーンズにはしみてないみたいだけどもうダメだよ・・)


238 名前: 名無し調教中。 投稿日: 02/03/22 22:44

足をきつく組み、何とかこらえようとする。
先ほどの迸りによる温もりにつられ尿が噴出しようになる。
何度も尿道を押し広げようと、水圧が高まる。
しかし涼子は必死に括約筋を絞め、崩壊をこらえていた。
ジンジンと膀胱が痛む。限界はもうすぐそこだった。

涼子の目の前に、涙で曇りながら車の列が見える。
(もう降りてでもなんでもしないと無理よ!)
そう絶望的な考えが頭に浮かんだとき、涼子の膀胱はついに破綻のときを迎えた。
最後の抵抗を続けていた括約筋が膀胱の圧力に負けてしまった。
先ほどと違い尿は尿道を押し広げ、本流として涼子の泉から噴出した。
「もうだめっ、降ろして!」
広末涼子はマネージャーに叫んだ。
しかし、すでに動くことなど出来なかった。
(あっあっあっ・・)
涼子は前のシートにもたれかかるようにして失禁した。
涼子の泉から迸った熱い尿は強い水圧で下着にぶつかる。
ジョーーーーという音が涼子の耳にははっきり聞こえた。
(いや、とまって。とまってよ!)
必死で括約筋に力を入れようとしたが、水圧に機能しなかった。
きつく閉じられた足の中にぬくもりが広がる。それはすぐに後ろのほうにもぬくもりが広がった。
尿は下着を浸し、ジーンズを黒く染めていった。まず股間を染め、そこから後ろに、そして足のほうにも広がる。
(うぅ・・)
涼子は敗北感と少しの開放感を感じながら失禁し続けた。
噴出した尿はシートを濡らし、涼子の靴と足元にも水溜りを作った。
シュー・・という音になる。一分近くも続いたであろう失禁が終わった。
涼子は顔を手で覆い泣き出した。自分の尿のぬくもりを感じながら・・。


おしっこを我慢させたい芸能人 ⑪ その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ 2009/05/18 00:00 ] 2chまとめ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
今月のオススメ
ピーピング下痢女!! お腹イタイJK

民家隠撮 ハウスキーパー大便1

ジョギンガー隠撮 隠れる間もないオープン野ション

盗撮!!野グソ野ション10

接写スポット 真冬の野グソ野ション

洋式便所隠撮 潔癖Girl立ちション

投稿・盗撮 浣腸変態女大全 第1章
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
456位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。