FC2ブログ

おしっこ我慢NAVI

トイレ我慢・お漏らし・野ション等の体験談・目撃談・小説等を扱っているサイト情報をまとめています

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

学生のお漏らしなど 

【小説】塾帰りに運命の選択テルラのクネクネ物語

【小説】二人のヒミツシズクのおと

【小説】失態個人的書庫

【レビュー】公園和式大便事情 便意を催す女達トイレ我慢限界フェチ おもらし保管計画より

考えることは、みんな同じ?

これは高校3年の2月、卒業前に行われた、校内駅伝大会のときでした。
8人一組で、1人2.5Km走るもので、全チーム完走するのに1時間半かかるものです。
雪がちらついて、とても寒い日でした。
大会本部が置かれているテント下には、私以外に、救護係、計時係(ラップタイムを計る係)、記録係の3人がいました。
私のすぐ横に座っていた、計時係の先生(当時24歳、女性)は、私が知る限り、日頃からトイレが近い人で、
この日は密かに期待していました。私は横目に見ていると、もう第2走者くらいから様子がおかしくなり始めていました。
背筋がシャキッとなり、軽く足を組んで、上体を前傾させているんです。途中で後ろを振り返ったり、立ち上がりかけたりしています。
かなり危ない状況に違いないんでしょうが、なにぶん彼女の左手にはストップウオッチが握られています。
それに7チームあって、どのストップウオッチがどのチームのものなのか、彼女しか知りませんし、
一時的にかわってあげる訳にもいかないんです。
我慢するしかない局面に追い込まれた彼女は、額に脂汗を流しながら、最後まで耐え切りました。
その後、表彰式や閉会式がおこなわれ、この式には出る義務がない彼女も、その場にいました。
全てが終わってから、彼女はゆっくりと、足元に目線を落としながら、前かがみに歩いてトイレにはいっていきました。
・・・後日、当人に聞いてみると、この大会が始まる前から我慢していたらしく、トイレにはいろうとしたところで、
大会役員から計時係の依頼を受け、すぐ終わるだろうと思って、そのまま出てしまったそうです。
この大会役員も、ひょっつとして・・・。 その他小説はこちらから→FC2 Blog Ranking
[ 2008/12/24 00:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
今月のオススメ
ピーピング下痢女!! お腹イタイJK

民家隠撮 ハウスキーパー大便1

ジョギンガー隠撮 隠れる間もないオープン野ション

盗撮!!野グソ野ション10

接写スポット 真冬の野グソ野ション

洋式便所隠撮 潔癖Girl立ちション

投稿・盗撮 浣腸変態女大全 第1章
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3954位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
419位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。